取引 計算機

FX計算機の使い方は?

FX計算機は、金融市場の初心者と熟練者の両方の方にご利用いただける便利はツールです。取引計算機を用いると、トレーダーはオンライン上で取引数値の計算をしたり、より効果的な取引戦略を選択したり、ポジションを建てる前に最善な決断を下すことができます。

取引計算機が必要とするデータは?

取引計算機を使用するには、以下の取引初期データを入力する必要がございます:

  1. 取引する予定の銘柄を選択してください。全アセットの詳細な取引条件は、「 取引仕様」ページに記載してあります。
  2. ロット数を指定してください。
  3. 取引のためのレバレッジの値を選択してください。RoboForexの計算機では最大1:2000までのレバレッジの計算が可能です。口座通貨を特定して下さい。
  4. 「計算」をクリックすると、取引の全パラメーターを取得することができます。

取引計算機から算出された計算データの読み方は?

FX取引の細部を厳密に調べたことのない初心者トレーダーは、取引計算機から算出された計算データの説明を要する可能性があります。

  • サーバー とは、RoboForexにて取引に使用されているサーバー名です。サーバーは口座タイプに一致する必要がございます。より詳細な情報は、「よくあるご質問」 欄にてご覧いただけます。
  • 取引サイズ とは、FX市場にて取引されている金額に等しいものであり、「スタンダードロット数(主軸通貨の100,000ユニット)×指定のロット数」で計算されます。
  • ポイント数 (アセットの価格変化の最低値)は、以下の式に基づいて計算されます:

    <1ポイントの価値> = <取引> * (<価格> + <1ポイント>) - <取引> * <価格>

    つまり:

    1ポイントの価値は、決済通貨の1ポイントの価格です。
    取引 は、銘柄の主軸通貨での取引サイズです。
    価格 は、通貨ペアの価格です。
    1ポイント は、価格のステップ(1ポイント)です。


  • スプレッド はAsk価格とBid価格との差です。
  • FX市場において、トレーダーは日付をまたぐポジションに対してスワップ(ロールオーバー)を支払う必要があります。スワップ値は主軸通貨を発行している中央銀行のレートと銘柄のクオート価格との間の差によって決まるため、マイナスもしくはプラスになる可能性があります。
  • スワップショート はショートポジションのロールおーばサイズであり、スワップロングはロングポジションのロールオーバーサイズです。
  • 証拠金 は、現金損失をカバーするためにトレーダーが用いる金融担保の一種です。証拠金金額は取引サイズおよび選択したレバレッジの値によって異なります。以下の計算に基づいて計算されます:

    <証拠金> = <取引サイズ> / <レバレッジ>

    つまり:

    取引サイズ は、選択した取引銘柄の主軸通貨での取引ロット数です。
    レバレッジ は、レバレッジの値です。

FX取引計算機 は、可能性のある未来の取引の数値およびそれらのポジションを保持するために必要な費用に関する情報をトレーダーに与えるためのツールです。これらの計算は、資金投資の提案や推薦、取引実行の際の動機として考慮することはできません。

質問する

ヘルプが必要ですか?ページ右下のアイコンをクリックして、質問に対する回答を得ましょう

もしくは以下のフォームへ入力していただきましたら、弊社からすぐにお電話いたします。

コールバック
質問する