市場の取引時間

FXの取引セッションのスケジュールを把握することは、各自の労力を理性的に分配し、その能力と時間を有効に活用することを意味します。取引セッションは、銀行がアクティブに取引を行っている期間です。周知のとおり、FXの取引時間は制限がなく、一日24時間開いています。世界の一つの場所で日が暮れようとしているときには、他の場所が朝を迎えており、そこの通貨市場が動き出します。一つのセッションが終わると次のセッションが始まる、もしくは部分的にお互いのセッションが重なる時間帯もあり、トレーダーはいつでも好きな時にトレードを行うことができます。ログインしたら、全ての国で全ての市場が閉まっている土日を除いては、FXが常に動いていることが分かります。FXが休日には動かないのと同様に、クリスマスや新年、イースターなども動きません。

通貨が取引セッションごとに異なる動きを見せることから、FX市場の取引セッションのスケジュールを確認することは有益です。例えば、円は通常アジアセッションの間に「目をさまし」アクティブに動き始めますが、ユーロはヨーロッパセッションの間によりアクティブに動きます。その他の時間帯には、これらの特定の通貨においてシャープな値動きが見られることは稀です。最も値動きの激しいセッションは、アメリカセッションであり、アメリカドルの急激な下落や上昇が見られます。

FX市場には様々なタイムゾーンのたくさんの国々が関わっているため、FXはユニバーサルタイムに基づいて動くと考えられています。時代遅れとなったGMT標準時の代わりに、現在はUTC(協定世界時:Coordinated Universal Time)が広く用いられています。RoboForexのサーバー時間はUTC時間と2時間の時差があり (UTC +2)、夏場は夏時間に伴いその時差はUTC +3となります。

FX取引時間スケジュール..タイムゾーンはUTC+2 (西欧時間、EET)です:

地域都市開場閉場
アジア東京2:0010:00
香港3:0011:00
シンガポール2:0010:00
ヨーロッパフランクフルト8:0016:00
ロンドン9:0017:00
アメリカニューヨーク15:0023:00
シカゴ16:0024:00
太平洋 ウェリントン22:006:00
シドニー22:006:00

各地域ごとのFX市場には、それぞれ特性があります。

アジアFX取引時間

こちらの取引時間中に市場で最もアクティブに取引が行われるのは米ドル円(USDJPY)、ユーロ円(EURJPY)、ユーロ米ドル(EURUSD)、豪ドル米ドル (AUDUSD)です。

ヨーロッパFX取引時間

こちらの時間には、ヨーロッパの金融中枢にて取引が行われます。最も人気のある通貨ペアのボラティリティは、ロンドンFXオンライン市場がそのセッションが開始すると大きく上昇します。夕食時には取引がいくらか静かになりますが、プレイヤーたちは夜になると再びアクティブに活動を再開します。ヨーロッパ取引時間中のレートの変化は大きく、これは大部分の通貨のストックがヨーロッパに集中していることに起因します。

アメリカFX取引時間

ニューヨーク取引時間が始まり、アメリカの銀行が活動を開始し、ヨーロッパのディーラーたちが昼食の休憩を終えた際に、FX取引活動はその最高レベルに達します。ヨーロッパの銀行とアメリカの銀行の影響は同様であり、ヨーロッパセッション開始時と比較した場合に特に大きな変化はありません。しかしながら、ヨーロッパ市場が閉まった後は、市場のボラティリティが上昇する可能性があります。これはしばしば週末を前にした金曜日に見られます。アメリカセッションでは、他のセッションよりも激しい取引が行われます。

質問する

ヘルプが必要ですか?ページ右下のアイコンをクリックして、質問に対する回答を得ましょう

もしくは以下のフォームへ入力していただきましたら、弊社からすぐにお電話いたします。

コールバック
質問する