損切り注文の仕組みはどうなっているのですか?

逆指値注文はトリガーであり、その価格に達すると対応する成行注文や指値注文がプラットフォームにより生成されます。

逆指値注文には2種類あります:

  1. 決済逆指値、指値買い、指値売り。アセットの価格がこれらの注文タイプで特定された価格に達すると、システムが買いか売りの成行注文(逆指値買い、逆指値売り)を生成するか、損失を限定させるために注文を決済します(決済逆指値)。
  2. ストップリミット。逆指値注文と指値注文の特徴を組み合わせた注文。アセットの価格が個の注文タイプで特定されたレベルに達すると、システムがトレーダーが設定した建値にて指値注文を生成します。